前へ
次へ

イギリス留学の最先端がロンドン留学です

英語の学習をする時にアメリカ英語を習うべきかイギリス英語を習うべきか迷ったことはありませんか。東南アジアは全域にわたってイギリス英語が主体です。日本の英語はイギリス英語を主体として教育されていたのですが、アメリカとのお付き合いが深くなるに従って、それはだんだんアメリカ英語に置き換えられてきています。これはどちらが良いかという問題ではありません。どちらか最初に学習するとなれば、やはり元祖のイギリス英語の方が良いのかもしれません。ですがその価値観は人それぞれということもできます。アメリカ英語が大好きならば、それはそれで仕方のないことです。東南アジアでビジネスをやるという場合に限っては、イギリス英語が断然有利です。それには理由があります。インドシナ半島を中心とする東南アジアのエリアで植民地でなかったところはタイ王国と大日本帝国だけしかありません。その他のところはイギリスかフランスの植民地でした。それでイギリス英語は通用するということです。これからの東南アジアの発達のことを考えれば、東南アジアのビジネスとは大いに期待できます。イギリス留学をして英語力を高めたいものです。イギリス留学の中で花形はやはりロンドン留学です。ロンドン留学はイギリス留学の中心ですが、それにはあの有名なオックスフォード大学やケンブリッジ大学が含まれます。イギリス留学と一口に言ってもその種類はピンからキリまであります。イギリス留学のハイエンドがオックスフォード大学とケンブリッジ大学です。しかしながらイギリス国内は広いです。イギリス留学をするのに合格しやすい田舎の大学もたくさんあります。田舎の大学と言ってもロンドン市街からちょっとしか離れていないところもうあります。イギリス留学先としてロンドン市街からちょっとしか離れてないところの田舎の大学を選択する意義は大変大きいです。まず第一に合格がしやすいという点があります。英語のあまり得意でない日本人でも合格する可能性が高くなるということです。

Page Top