前へ
次へ

イギリス留学時のビザ申請時の注意点

留学先として学士号や博士号を取得目的でロンドン留学やイギリス留学を選ぶ人はとても多いです。イギリス留学自体はある程度の英語力が必要であり、博士号など取得するためには3年ほどのイギリス留学が必要になります。そのためイギリス留学の場合は長期滞在になる事が多く、同時にビザ申請が必要となります。ですがイギリス留学のためのビザ申請はしっかりと注意点を抑えて準備することがポイントになります。まず1つ目としてビザ申請するためのルール自体が色々と変わる事が多いという点があります。インターネットにはイギリス留学のためのビザ申請に関するまとめサイトなどがありますが、あまりに年月が前のサイトを参考にしてしまうと申請自体のルールが違っているという事も多くあります。そのためイギリス留学のためのビザ申請の際は、最新の申請ルールをしっかりチェックすることがポイントになります。またイギリス留学する際に入学する大学は限定されています。そのため希望する大学が認定校かどうかを事前に確認しておく必要があります。認定校以外の留学自体はできないのでビザ申請を行っても発行してもらう事はできなくなります。またイギリス留学のためのビザ申請はホームオフィスが申請センターになりますが、時間がかかる事が多いです。電話がつながらなかったりメールをしても返事が遅く、担当者が不在で対応できないといったことも多いです。そのため申請自体にはやはりしっかり時間に余裕を持つ事が重要となってきます。その他の注意点として提出書類はすべてコピーをして残しておくようにします。申請中は書類は戻ってこないので、申請した書類に対して質問が来た時に対応することができなくなります。その他にイギリス留学が出来た時に再び申請時の書類提出を求められる事もあるので、全ての書類はコピーして控えを取っておくことが重要になります。このようにビザ申請自体に様々な注意点があるので、この点をしっかり考慮して準備して進めていく事が大切となります。

Page Top